一眼レフカメラと共に生活をする

私の趣味は、一眼レフカメラで写真を撮ることです。決して上手くはなく、初心者ではありますが、5年以上続いている趣味です。
給料をため、長年欲しくてたまらなかったカメラを手にした時は、こみ上げる嬉しさを感じました。

購入前から雑誌やインターネットで使い方を学び、購入後も地域のカメラサークルへ足を運び、生活の一部として過ごしてきました。自宅の猫や犬、自然の風景や有名なスポット、現在は子どもが生まれたため、家族の写真など、様々な被写体に囲まれています。育児の合間にカメラマンの写真を見たり、友人カメラマンの写真を見せていただいたりと現在でもカメラは大好きです。

高いレンズにも手を出し、遠くの被写体や近くの小さな被写体まで様々なものを撮れるカメラは、本当に趣味にして良かったと思えるものです。フルサイズ機が欲しいと思うようになり、現在はカメラのために貯金をしています。誰かに見てほしいと思う写真ではありませんが、形として残すことができ、とても満足しています。